Sample Image

企画出版とは?

サンプルイメージ  企画出版が、自費出版と商業出版の中間に位置するものであるということは、トップページでも述べたとおりですが、「中間」といっても、実は、自費出版に近 いレベルのものから、ほとんど商業出版と変わりのないレベルのものまで、いろいろなものがあります。

当社では、出版を、ブランディングアップや本業支援の手段として実現したいという人のニーズと希望予算に基づいて、最適な出版方法を提案いたしま す。

自費出版では、商業出版としての書籍コード(正確には、日本図書コード(ISBN)や書籍JANコード(バーコード))を付けられないケースが多い ので、全国の大手書店に書籍が並ぶわけでもなく、amazonで購入することもできません。

しかし、当社では、自費出版程度の予算でも、当社関連の書籍コードを付与することで、amazonで購入できるようにすることができます。

また、数十万円程度の小予算での出版を希望される方にも、出版を実現する方法を提案させていただきます。

なお、業務が多忙などで、ご自身では原稿を書く時間が取れない事情がある方のために、インタビューを基にしてライターが原稿を書き、ご本人にチェッ クしていただくようにし、出版を実現する方法も提案しています。

このような方法で出版を実現することで、取引先開拓のための販売促進ツールとしたり、商品やサービスのイメージアップに役立てられているケースもよ くあります。

さらに、将来的な商業出版に向けて、商業出版の編集者にアピールする目的で、まずは企画出版からスタートされるというケースもあります。

共同企画出版

共同企画出版

共同企画出版というのは、単独では、原稿の分量や費用などの問題などで、出版実現が不可能な場合、複数の著者が一つのテーマで分担することで、出版を実現 するというものです。

共同企画出版であれば、一人あたりの費用も数万円程度からで、出版を実現できますので、人数が集まれば、確実に出版を実現することができます。

たとえば、一つのテーマを研究する組織・団体で、その成果を世の中に発表する手段として活用していただくケースがあります。

また、同好会で共同企画出版を行うケースや「本格的な卒業論文集」として、共同企画出版を企画される場合もあります。

企画出版にしろ、共同企画出版にしろ、ご希望予算・ニーズによって、提案内容は千差万別となりますので、まずは、お問い合わせをお願いいたします。

Copyright(c) 2012 ブランディングエージェンシー - ミラクルマインド出版 All Rights Reserved.